革命的なDinレールタイプ産業用ギガビット・イーサネット・スイッチ DFP‒6210twは、リアルタイムIPビデオ監視、WiMAXシステム、WirelessAPなどの非常に重要が高いPoEアプリケーション用で、8つの10/100TXPoEインジェクタポートと、2つのギガビットRJ‒45/SFPコンボポートで構成されています。
8ポートのスイッチ全てが、IEEE  802.3af PoEとIEEE802.3atの高出力PoE規格に準拠し、ポート当たり15.4W、ワイヤレスAP、PTZ、ドームネットワークカメラなどの様なハイパワーを要求するデバイスには、ポート当たり30Wの電力を供給できます。
2つのギガビット・イーサネット・コンボ・ポートは、5msのリカバリ時間でビデオ転送の信頼性を確保した、HoneyRingネットワーク冗長化技術の、より高位へのバックボーンスイッチでハイ・スピードアップリンクへの接続を提供します
2003年のパワー・オーバー・イーサネットの批准でPoEの技術がトレンドになっています。多くのデバイスは、リモートデバイス用に独立した電源配線を排除し、イーサネットケーブルを介して電力を得るためのPD機能を採用しています。DFP‒6210twは、従来のPoEケーブルデバイス用の強制モードは勿論、IEEE 802.3af、IEEE 802.3at 2-event、あるいはIEEE 802.3at 2‒event+LLDPに準拠した新しいPSEソリューションを装備しています。 8つのPoEポートは、LLDP電力ネゴシエーション機能、または、IEEE802.3atのPoE Plus の2‒eventクラスフィケーションをサポートし、交差点監視のIPカメラ駆動、駅、空港またはホットスポットのインタネーットアクセスWiMAXシステム用に75℃の動作温度度下で、ポート当たり30W、ユニットで80Wの電力を供給することができます。