IWGP‒2N20は、2.4Gと5Gの無線帯域の両方に高性能と高信頼性のワイヤレス・ソリューションを提供する、産業用の802.11n/a/b/g ワイヤレスAP(アクセスポイント)です。ネットワーク設計者は、IWGP‒2N20のアクセスポイントを使用することで、簡単に有線と無線ネットワークの統合を実現できます。新世代の802.11/n  MIMO技術は、マルチ無線下において無線毎に最大300Mbpsの高データレートと柔軟な無線バックボーン展開オプション、および無線ネットワーク全体の信頼性を高めるための冗長化無線接続を提供します。IWGP‒2N20はAP/CPEと、WDSモード(異なるポイント・ツー・ポイント、またはポイント・ツー・マルチポイント)を機能させることができます。追加のルーティング・モードは、異なるIPサブネットにLANと無線LANを分離し、NATルーティングを実行することができます。先進機能として、LANとWLANのフォールト・パス・スルー、デュアル無線のバインディングおよび冗長化、ハイスピード・イーサネット転送、ワイヤレスQoS(WMM)、ワイヤレス・セキュリティーとパケットの暗号化があります。

IWGP‒2N20は、ギガビットPoE対応、デュアル24V(12~48V)DC電源入力、IP31筐体、デジタル入力/出力の重要な機能を備えた産業グレードの設計をおこなっています。EN50121‒4承認済みの広い動作温度は、過酷な環境条件下でのデバイス使用を目的に設計されています。
IWGP‒2N20mは、車載用のデュアルギガビット・イーサネットM12防振コネクタを装備しています。

CPE:Customer  Premises  Equipment:顧客宅宅内機器
WD:Wireless  Distribution  System:アクセスポイント間通信

 

 IWGP-2N20_fig1